これから創業する方がやっておくべきこととは?

最近は身分の安定した会社員から、自分の好きなことで独立して事業を始める方が増えています。

 

事業主になると、労災保険や雇用保険などの公的な保障が無くなりますから、リスクヘッジも自分で準備をする必要があります。

 

そして公的保障が無くなるのと同時に、あなたの“信用力”も大幅にダウンしますので、信用力のダウンを見越した対策も創業前に行っておく

必要があります。

 

その対策とは、必要なクレジットカードを作っておくことや、住宅ローンの借り換えを行っておくことです。

 

なぜなら、事業主になると売上ダウンは即、給与カットに直結します。

ですから、金融機関が創業者を見る目は厳しく、創業後には融資商品の申込みが難しくなる可能性が

高くなります。

 

そして融資商品の中でも、住宅ローンの申込み条件は、多くの金融機関が「事業開始後3年経過」としています。

 

これは事業開始後3年経過して、ようやく申込みを受け付けしてくれるということであり、審査が通るということではありません。

 

申込みができるようになっても「確定申告書又は決算書3年分」の提出を求められて審査が進みます。

 

審査の過程では、事業の損益を厳しく精査されることになりますので、創業期の売上が安定しない段階ではローン審査を通ることは難しくなってしまいます。

 

ですので「独立しよう!」と思ったら、退職願いを提出する前に、住宅ローンの借り換えを行っておくべきなのです。

 

現在住宅ローンを返済中で、これから創業を考えている方は、ぜひ創業前に「住宅ローンの借り換え」も検討してください。

 

当社では、創業予定の方向けに住宅ローンの借り換え・ライフプラン作成相談も行っております。

お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ、ご相談のお申し込みはこちらのお問い合わせフォームにご記入いただき、送信ボタンを押してください。

 

お問い合わせ内容を確認させていただき、3営業日以内にご連絡を差し上げます。

 

相談時間については、土日及び夜間もご相談が可能です。


平日忙しくて時間が取れない場合や、仕事終わりにもご相談頂く事ができます。

 

また、頂いた個人情報は厳重に管理いたします。お問い合わせを頂いてもこちらから無理な提案や押しつけは絶対に致しませんのでご安心下さい。

メモ: * は入力必須項目です

500万円節約できる!?

住宅購入で失敗しないためのルール

担当ファイナンシャルプランナー

【CFP 真崎 喜雄】

幼少の頃2DKへの公団住宅に住んでいたため、マイホームへ強い憧れを持っていました。しかし、初めての住宅購入では失敗・・・その経験から住宅購入者が失敗を未然に防ぎ、満足のいく家づくりのお手伝いをしています。   家づくりへの想いはコチラ

メディア掲載実績

全国のFPが会員登録している日本FP協会様より、実務家FPとして取材を受けました。

茨城県取手市・守谷市・つくばみらい市エリア発行のフリーペーパー「シンヴィング」様より住宅購入相談FPとして取材を受けました。

(クリックで拡大します)

千葉土建の会員である工務店さん向けに「工務店が知っておくべき資金計画」の研修講師を行いました。

千葉県東葛飾エリア発行のニューファミリー新聞社様にて、著書「生命保険見直し成功マニュアル」が紹介されました。

住まいのお金FP相談室

モバイルサイト

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
住宅購入相談専門のファイナンシャルプランナー(FP)が、将来に渡って住宅ローンの返済に困ることの無い『マイホーム購入予算』を、第三者の中立的な立場でお伝えします。「住宅購入予算」「住宅ローン」「資金計画」など、住宅購入時のお金の悩みはご相談ください。相談対応可能地域 松戸市,柏市,白井市,流山市,我孫子市,鎌ヶ谷市,野田市,取手市,守谷市,常総市,つくばみらい市,つくば市,牛久市,龍ヶ崎市,利根町