集成材とは?

集成材とは、1本の木を工場で薄く裁断し、その薄く裁断した材料を再度接着して1本の柱などを作る  建築材料です。

 

本来、木は伐採後された後も、多くの水分を含んでいます。

 

しかし水分が多いと、柱や梁などへ加工後に、反りや狂い、割れなどの原因となってしまいます。

 

伐採された木は、丸太などのままでは乾燥が難しいのですが、集成材は薄く裁断してから乾燥させますので、無垢材に比べて乾燥がさせ易くなります。

 

一般的には、木材に含まれる水分の量である含水率は15%以下が目安ですが、集成材は含水率を15%以下にする事が容易です。

 

また製造過程で、反ったり割れたりしている部分は取り除きますので、狂いの無い柱などを作る事ができます。

 

そして何より、元々は自然に生育していた木ですから、木の温もりを活かした材料であり、かつ接着することにより自由な形や長さにできることから、住宅での柱から大型建築物まで幅広く利用されています。

 

■集成材のメリット

工場で裁断した素材を適正に接着することによって、もとの木材よりも強度のばらつきを少なくすることができます。

 

薄く裁断した部材で乾燥をさせるので十分乾燥させることができ、施工後の乾燥による変形・割れ等の狂いは生じにくいです。

   

■集成材のデメリット

工程が適切で無い状態で製造された集成材では、接着面が剥離し隙間ができる場合があります。

過去には接着面の剥離が問題となった事例もあります。

 

 

なたはいくらまでのマイホームを購入しても、

将来の「教育資金」や「老後資金」も問題なく準備ができるかご存知ですか?

 

あなたが買っても大丈夫な「マイホーム購入予算」を中立的な第三者の立場から診断します。

 

詳細はこちら

                            【相談対応可能地域】

■千葉県

松戸市・柏市・白井市・流山市・我孫子市・

鎌ヶ谷市・野田市・その他千葉県

 

■茨城県

取手市・守谷市・常総市・つくばみらい市・

つくば市・牛久市・龍ヶ崎市・利根町      その他茨城県

お問い合わせはこちら

500万円節約できる!?

住宅購入で失敗しないためのルール

担当ファイナンシャルプランナー

【CFP 真崎 喜雄】

幼少の頃2DKへの公団住宅に住んでいたため、マイホームへ強い憧れを持っていました。しかし、初めての住宅購入では失敗・・・その経験から住宅購入者が失敗を未然に防ぎ、満足のいく家づくりのお手伝いをしています。   家づくりへの想いはコチラ

メディア掲載実績

全国のFPが会員登録している日本FP協会様より、実務家FPとして取材を受けました。

茨城県取手市・守谷市・つくばみらい市エリア発行のフリーペーパー「シンヴィング」様より住宅購入相談FPとして取材を受けました。

(クリックで拡大します)

千葉土建の会員である工務店さん向けに「工務店が知っておくべき資金計画」の研修講師を行いました。

千葉県東葛飾エリア発行のニューファミリー新聞社様にて、著書「生命保険見直し成功マニュアル」が紹介されました。

住まいのお金FP相談室

モバイルサイト

概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
住宅購入相談専門のファイナンシャルプランナー(FP)が、将来に渡って住宅ローンの返済に困ることの無い『マイホーム購入予算』を、第三者の中立的な立場でお伝えします。「住宅購入予算」「住宅ローン」「資金計画」など、住宅購入時のお金の悩みはご相談ください。相談対応可能地域 松戸市,柏市,白井市,流山市,我孫子市,鎌ヶ谷市,野田市,取手市,守谷市,常総市,つくばみらい市,つくば市,牛久市,龍ヶ崎市,利根町