銀行の無料相談会で住宅ローンの申し込みをした結果、「ご希望に添えませんでした」と言われ、ガッカリした経験はありませんか?

 

銀行は勤務先の評価が安定している「公務員」や「大企業の会社員」には積極的に営業をしています。

 

しかし、あなたが会社経営者だと分かると、その対応はどうでしょうか?

決算書3期分を提出するように言われ、明確な理由も教えてくれず「総合的に判断をした結果」断られてしまい、私の所へ相談に来る社長が後を絶ちません。

 

住宅ローンの審査が通らなかった。

理由も分からずに心の中にモヤモヤしたものが残り、今後どうしたら良いのか分からない・・・

 

・顧問税理士に質問しても相談にのってもらえなかった

 

・どこに相談するのが一番よいのか分からない

 

・今の状況で住宅ローンを借りられるのか知りたい

 

・会社が赤字決算なので、住宅ローンを借りられるのか不安

 

・銀行に相談しても良い返事がもらえなかった

 

・節税のために赤字決算にしただけなのに・・・

 

職業が「会社経営者」であったとしても、

「マイホームを購入し、家族を幸せにしたい」

というお気持ちは、会社員の方と何ら変わらないはずです。

 

しかし「会社経営者」であるというだけで、住宅ローン審査は会社員の方よりも厳しくなってしまいます。

 

リスクを取って起業し、家族のため、社員の生活のために毎日奮闘している会社経営者に対して、銀行の対応を冷たく感じることはありませんか?

 

では、社長の住宅ローンの悩みはどこへ相談すれば良いのでしょうか?

 

会社の資金繰りの悩みであれば、相談相手として「税理士」や「融資コンサルタント」がいます。

 

しかし、彼らは住宅ローンの専門家ではないため、社長の住宅ローンの悩みを解決することは難しいでしょう。

 

社長のあなたは、住宅ローンの悩みを解決してくれる相談相手を探すことすら困難であるかも知れません。

 

今まで当社は数多くの会社経営者の相談対応を行ってきました。

 

過去にローン審査に通らなかった社長も、事前の対策をしっかりと行うことにより、ローン審査を突破できる可能性があります。

 

税理士や社会保険労務士など、士業事務所からお客様の紹介を受けることも多く、いままで数多くの会社経営者の住宅ローンの審査対策をお手伝いしてきました。過去の豊富な経験から、社長にとってベストな解決策のアドバイスを受けることができます。

担当FPは会計資格を保有し、会計事務所で法人や個人事業主の税金対策のコンサルティングを行ってきた経験もあります。

ですので、金融に関する知識だけではなく、税務に関する知識も持ち合わせおり、社長にとってメリットのある総合的な提案を受けることができます。

 

住宅購入相談に特化したファイナンシャルプランナーから、住宅ローンや住宅購入に関する「分からない」「不安」を解消するための、最適なアドバイスを受けることができます。

一般的に住宅購入(新規住宅ローンの借り入れ)は、会社が「上り調子」の時に検討する経営者が多いものです。

 

逆に「借り換え」で銀行審査が通らない時は、会社経営も厳しい時です。

ですので住宅ローンの審査対策は、「新規借り入れ」よりも「借り換え」の方が難易度は高くなります。

 

そんな中、以下に掲げる案件はいずれも“訳あり”の経営者で一度銀行に断られ、当社で「借り換え」のお手伝いをした実績です。

 

 業種 借り換え成功額                                                        利息削減額
 システム開発会社社長  4,633万円 9,600,000円
電気工事社長 2,391万円 1,300,000円
士業事務所代表 3,431万円 4,060,000円
運送業社長 1,357万円 1,830,000円
建築会社社長 2,017万円 4,730,000円

つくば市 小売業経営 K様

 

会社経営をしているので、先にメインバンクに相談しました。

 

しかし、会社の経営も苦しく、銀行から良い返事はもらえませんでした。

 

普段付き合っている銀行に断られたのはショックでしたが、アドバイスのおかげで銀行が住宅ローンの審査をするポイントが分かり納得できました。

 

さらに、住宅ローンの借り換えも導いてくださり、感謝しています。

今後もよろしくお願いします。

松戸市 IT事業経営 N様

 

住宅ローンの借り換えを銀行に断られたので、もうどこへ申し込んでもダメだろうと諦めていたところ相談に乗って頂き、まだ諦める必要が無いことが分かり勇気づけられました。

 

取手市 保険代理店経営 N様

 

住宅ローンの借り換えは、銀行も競争が激しいのだから、審査に通らないことがあるとは全く想定していませんでした。

 

親身にここまで相談にのってくれてありがたいです。

 

住宅ローンに関する相談がワンストップで受けられる

 

住宅ローンの借り入れは、税金など多方面の知識も密接に絡んできます。

住宅ローンのアドバイスだけではなく、社長にとってメリットのある総合的なアドバイス

       を受けることができます。

 

相談したい専門家サービスを受けられる

 

住宅ローン対策は、他の専門家に相談が必要なケースも出てきます。

当社へ相談されたお客様は各種専門家(税理士・司法書士・行政書士など)との連携に

             よサービスを受けられます。

 

法人を活用した資産形成ノウハウも聞ける

 

住宅ローンを借りる際に、“ある部分”を法人契約とすることで、個人の金銭的負担の無い形で、資産形成が可能な事があります。

             この方法は、ほとんど知られていませんので、目から鱗のノウハウを聞くことができるは

             ずです。

 

失敗しない家づくりのアドバイスが受けられる

 

ハウスメーカーや不動産会社に“営業される”まま計画を進める方が多く、意外に分かっていないのが家づくりです。

             住宅ローンのアドバイスだけではなく、中立公正な家づくりのアドバイスも受けられま

             す。

 

生涯の生活設計がわかる

 

会社経営者であっても、家に帰れば1人の良きパパやママであることでしょう。

会社経営者の方は会社の資金計画ばかりに目が行き、個人の資金計画は疎かになりがちで

             す。ファイナンシャルプランナーから、生涯に渡って充実した生活を送るためのアドバイ

             スを受けられます。

 

まずは、お客様へのヒアリングにより、住宅ローン審査を通らなかった原因を探ります。

 

原因不明のまま別の金融機関へ申し込んでも、同じ理由で審査に通らないことが多いからです。

 

また、金融機関への申込履歴は信用情報に残るため、審査機関の心象が悪くなり、更に審査に通りづらくなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

ですから、審査に通らなかった原因を知ることは非常に重要です。

 

また、まだ審査に申し込んだ事がない方は、審査に通りやすくするための現状分析をヒアリングによって行います。

 

そして、金融機関の選定アドバイスを行います。

金融機関ごとに、住宅ローン審査の“厳しさ”が異なりますので、事前対策に基づいて、通りやすい金融機関のアドバイスを行います。

 

今後も引き上げが予定されている消費税増税、社会保険料の毎年の引き上げなどにより、経営者が自由に使えるお金が減少し続けています。

 

家族のため、社員のため、世の中のために必死に働きながら「マイホームを購入したい」「住宅ローンを借り換えて毎月の返済を減らしたい」と感じながらも、銀行審査を通過できずに悩んでいる社長がいます。

 

そういった社長はどこへ相談するのが良いのでしょうか?相談相手を見つけることすら容易では無いかも知れません。

 

そんな経営者のために、同じ経営者として相談に乗っています。

私は子供の頃の体験から、会社経営者の住宅ローン相談に強い想い入れがあります。

⇒その想いとは?自己紹介含めてこちらをご覧ください、

 

メディア掲載実績

 

       【経営者なら知っておきたい 中小企業経営の基礎知識】

 

千葉県の大手税理士事務所より依頼を受け、会社経営者が経営を行っていく上で、知っておいた方が良い、「金融の知識」のページを執筆しました。

 

会社経営者は、「法人のお財布」と「社長個人のお財布」の2つの管理が必要ですが、この2つのお財布を上手く活用することにより、会社員には真似のできない資産構築が可能です。

 

 

現状で借りることのできる金額、条件などを診断し、改善策を検討、実行するからです。

 

銀行は審査基準に合う、合わないだけで機械的に判断を行っており、どうしたら審査をクリアできるのか?までは親切にナビゲートしてくれません。

当社はあなたの住宅ローン審査突破のためにアドバイスをします。

 

初回相談は無料です。

出張を伴う場合には、交通費は別途実費を頂きます。

 

 

 

 事業融資の相談にも乗ってもらえますか?

 

 

いいえ、当社はあくまでも住宅ローンの専門家です。

申し訳有りませんが、事業融資のご相談はいわゆる融資コンサルタントと言われる方へご相談ください。

 

 

相談すれば必ず住宅ローン審査を通りますか?

 

 

いいえ、金融機関のローン審査基準は定期的に変更されており、ご相談いただいても必ず住宅ローン審査に通るとはいえません。

 

しかし、ご自身でお申込みをされるより、ローン審査に通る確率が高くなることは間違いありません。

 

 

相談は土日祝日も可能ですか?

 

 

はい。会社経営者の方は、平日は本業で時間が取れない方も多くいらっしゃいます。事前にご予約をいただければ、土日祝日や夜間のご相談もお受けしています。

 

会社経営者の住宅ローン審査対策小冊子をお配りしています

 

 

会社経営者の住宅ローン審査がよく分かる、

「これで社長もローン返済を500万円以上削減できる!?『住宅ローン借り換え成功マニュアル

』を希望者へ無料でお配りしています。

 

会社経営者が住宅ローン審査を受ける際に、気をつけなければならないことを余すことなく記載しています。

 

 

詳細はこちら

お問い合わせ、ご相談のお申し込みはこちらのお問い合わせフォームにご記入いただき、送信ボタンを押してください。

 

お問い合わせ内容を確認させていただき、3営業日以内にご連絡を差し上げます。

 

相談時間については、土日及び夜間もご相談が可能です。


平日忙しくて時間が取れない場合や、仕事終わりにもご相談頂く事ができます。

 

また、頂いた個人情報は厳重に管理いたします。お問い合わせを頂いてもこちらから無理な提案や押しつけは絶対に致しませんのでご安心下さい。

メモ: * は入力必須項目です

500万円節約できる!?

住宅購入で失敗しないためのルール

担当ファイナンシャルプランナー

【CFP 真崎 喜雄】

幼少の頃2DKへの公団住宅に住んでいたため、マイホームへ強い憧れを持っていました。しかし、初めての住宅購入では失敗・・・その経験から住宅購入者が失敗を未然に防ぎ、満足のいく家づくりのお手伝いをしています。   家づくりへの想いはコチラ

メディア掲載実績

全国のFPが会員登録している日本FP協会様より、実務家FPとして取材を受けました。

茨城県取手市・守谷市・つくばみらい市エリア発行のフリーペーパー「シンヴィング」様より住宅購入相談FPとして取材を受けました。

(クリックで拡大します)

千葉土建の会員である工務店さん向けに「工務店が知っておくべき資金計画」の研修講師を行いました。

千葉県東葛飾エリア発行のニューファミリー新聞社様にて、著書「生命保険見直し成功マニュアル」が紹介されました。

住まいのお金FP相談室

モバイルサイト

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
住宅購入相談専門のファイナンシャルプランナー(FP)が、将来に渡って住宅ローンの返済に困ることの無い『マイホーム購入予算』を、第三者の中立的な立場でお伝えします。「住宅購入予算」「住宅ローン」「資金計画」など、住宅購入時のお金の悩みはご相談ください。相談対応可能地域 松戸市,柏市,白井市,流山市,我孫子市,鎌ヶ谷市,野田市,取手市,守谷市,常総市,つくばみらい市,つくば市,牛久市,龍ヶ崎市,利根町