住宅購入予算診断|住まいのお金FP相談室

もしあなたがマイホーム購入を検討していて、このように『住宅購入時のお金』のことでお悩みであれば、今からお伝えすることはきっとあなたのお役に立つはずです。

 

なぜなら、これからお伝えする内容は

 

『あなたが購入しても大丈夫なマイホームの購入予算』

 

を明確にする方法だからです。

 

この方法を知ることで、あなたの家計のマネーバランスが「マイホームのお金」だけに偏ってしまい、「教育資金」や「老後資金」が足りなくなったり、優先順位が崩れて「住宅ローン破綻」してしまうことを防止することができます。

マイホーム 家族

『住宅購入時のお金』のことに不安を感じているのであれば、今からお伝えする内容をしっかりと確認してください。

 

住宅購入のお金のことを理解していないと・・・

当社のホームページにお越しいただきありがとうございます。

 

第三者の立場で住宅購入相談を行っているファイナンシャルプランナーの真崎と申します。

 

マイホームの購入は、恐らくほとんどの方にとって一生に一度、人生最大のお買い物だと思います。

マイホーム

しかし、人生最大のお買い物なのに、全てが初めての経験になりますよね。

 

初めてのことは『正しい進め方』がわからないので、いろいろと不安になるのが普通だと思います。

特にお金の面は分からないとなおさら不安になってしまうことでしょう。

 

しかも、あなたがどんなに不安で初めての経験であっても、

 

■土地を売るプロ(不動産会社)

■建物を売るプロ(建築会社)

■お金を貸すプロ(銀行)

 

など、数多くの営業のプロを相手に打ち合わせをしなければなりません。

 

住宅購入を一度も経験していない状態では。。。

 

・いくらなら買っても大丈夫なのか?

・土地にいくらかけてもいいのか?

・建物はどこへ依頼するべきなのか?

・諸費用はいくらかかるのか?

 

こういったこともなかなか見当がつきませんよね。

 

例えば土地だけにお金をかけすぎてしまうと、建物の予算を確保できずに質を落とさなくてはならないかも知れません。

 

住宅購入が初めてのあなたが、営業のプロ達と対等に打ち合わせができないと・・・

 

NG

×住宅を建築しづらい変形地を値段だけで決めてしまった

 

×工務店やハウスメーカーの言われるままに予算を決めてしまいローン返済に苦しむことになる

 

×住宅ローンの毎月返済額は家賃よりちょっと多めの金額で決めてしまう

 

×理想を追いすぎて予算が青天井で高くなってしまった


このような安易な行動をしてしまう人がほとんどなのです。

 

これはマイホーム購入の知識・経験が無いばかりに起こってしまうことです。

 

私は住宅購入が初めての方が、自分1人で予算を決めるやり方は非常に危険だと思っています。

 

なぜなら、予算を決めないで住宅を購入してしまうと次に掲げる3つの事態に陥りやすくなってしまう危険性があるからです。

 

①住宅ローンの負担が大きくなり、返済に追われる生活になってしまう

住宅ローン破綻

『いまのままなら大丈夫』と思ったとしても、毎月の支払いがある日を境に数万円多くなることがあります。

 

なぜなら住宅ローンの金利は変動することがあるからです。

 

その他にも、アパート住まいで今までは無かった固定資産税の支払い、定期的なメンテナンス費用の準備、教育費の支払い、マイカーの購入などが重なり、思わぬ出費が増えることが少なくありません。

 

こういったお金の準備も人生の中で考えておかないと、将来生活が苦しくなってしまう可能性があります。

 

最悪の場合、住宅ローン破綻に陥り、家族と住む大切な家を手放さなければならない事態になってしまうかもしれません。

 

②こどもの進学に関する夢や希望を叶えてあげられなくなってしまう

教育資金

住宅購入にばかりお金を使ってしまいますと、教育費に使えるお金が少なくなってしまいます。

 

しっかりとした資金計画を立てないと教育資金が不足し、お子様の夢や希望をかなえてあげる事ができなくなってしまうかも知れません。

 

予算オーバーで、あなたが満足のいく住宅を建築した結果、お子さんの将来を不満足に導いてしまうリスクもあります。

 

③あなた自身が老後の貧困問題に直面してしまう

老後の貧困問題

住宅購入にばかりお金を使ってしまいますと、その分老後資金に使えるお金が少なくなってしまいます。

 

しっかりとした資金計画を立てないとあなた自身の老後資金が不足し、老後の貧困問題にあなた自身が直面してしまうかも知れません。

 

住宅購入時に、今後も減額されることが予想される公的年金を含めて老後の生活イメージを立てる方はまずいません。

 

住宅購入という、『今の幸せ』が『将来の貧困』をもたらしてしまう可能性もあるのです。

 

じゃあ、どうやって

マイホームの予算

を決めるのがいいのか?

 

では、一体どこへ相談すれば良いのでしょうか?

 

それは『売り手側』の立場ではない第三者に相談をすることです。

 

そういった第三者の立場からのアドバイスであれば、本当の意味で『適切な予算』を知る事ができます。

 

「でも、予算は工務店やハウスメーカーが相談に乗ってくれるんでしょう?」

 

と思われるかも知れません。

 

確かに最近は工務店やハウスメーカーもマイホームの予算相談に対応するサービスを取り入れている会社が少しずつ増えてきました。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

工務店やハウスメーカーの立場を考えてみてください。彼らの仕事は何でしょうか?

 

そう、『家を売ること・・・より高く売ること』ですよね。

 

彼らは住宅販売で利益を出し、お給料をもらっています。

 

予算相談でも内心は

 

「この方は5,000万円のマイホームでは身の丈以上の予算だな」

 

と思っても5,000万円で購入する気のあるあなたを前に、

 

「4,500万円にしないと将来ローン破綻する可能性があります」

 

とアドバイスはしてくれないはずです。

 

また、銀行も同様です。

 

5,000万円貸せるあなたを前に、

 

「4,500万円に下げないと将来返済がきついですよ」

 

とアドバイスしてくれることはありません。

 

つまり、どこも自社の利益のために働いていますので、『売り手側の話』をそのまま聞いてしまうのは危険なのです。

 

診断サービスを利用する

ことであなたが受けられる

メリット 

 

☑マイホーム購入で失敗しない予算を把握できる

 

☑マイホーム購入は初めての経験にも関わらず、自分で予算を立てると失敗のリスクが高まるが、成功するために専門家のアドバイスを受けられる

 

☑お金の心配をせずに土地や物件選びに集中できる

 

☑教育費のピーク期間でも、住宅ローンの返済は問題が無いか?がわかる

 

☑マイホーム購入後にお金の面で家族が不仲になることを防ぐ事ができる

 

当社は、第三者の立場でアドバイスを行う住宅購入相談専門のファイナンシャルプランナーの事務所です。

 

しかし、第三者の立場で適切なマイホーム購入の予算をアドバイスしてくれる専門家は、まだまだ日本では少数です。

 

そこで、私は1人でも多くの方が、「今だけ」返済のできるローン金額ではなく、「将来も」安心して生活のできる、購入しても大丈夫なマイホーム予算をお伝えする『住宅購入予算診断サービス』を行っています。

 

今までの経験・知識を元にして、第三者の立場で、かつマイホーム購入相談の専門家という立場で

 

『あなたはこの金額であればマイホームを購入しても大丈夫ですよ』

 

ということをお伝えしています。

 

住宅購入予算診断

サービス内容 

 

『住宅購入予算診断書』を作成することで、以下の内容を把握・確認することが可能です。

【適正な住宅購入予算】

適正な住宅購入予算

お客様ごとにオーダーメイドで作成した「住宅購入予算診断書」を基に、将来も住宅ローン破綻を引き起こすことのない適正な購入予算はいくらか?をお伝えします。

 

【100歳までのキャッシュフロー表】

100歳までのキャッシュフロー表

ご夫婦が100歳まで生存された場合のキャッシュフロー表を確認することで、将来に渡っての「年間収支」「預貯金額」の推移など、お金の流れを把握することが可能です。


【準備すべき教育資金】

準備すべき教育資金

お子様の進学コースに応じた準備すべき教育費を把握し、教育資金の不足が無いか、教育費の負担が増加していく時の家計状況はどうなっているか、を確認することが可能です。

 

【ご夫婦の老後資金】

ご夫婦の老後資金

公的年金額を算出し、生活費などの支出と対比することで、老後資金の過不足を把握することが可能です。定年後に住宅ローンの返済が続くご家庭でも、老後破綻を招かないかを確認できます。


【家計改善】

家計改善

当社は、過去に診断をさせて頂いたお客様の「日常生活費の平均データ」を保有しています。過去のお客様の日常生活費の平均データとお客様の家計明細とを比較することで、節約可能なポイントが把握できます。

 

【住宅購入相談】

住宅購入相談

「住宅購入予算診断」をご依頼いただいたお客様は、住宅購入の様々なご相談も可能です。住宅購入は分からない事ばかりだと思いますので、資金計画のみならず住宅会社選びなどもご相談ください。


具体的な数字で見る事により、漠然としたお金の不安を解消する事ができます。

 

また、住宅購入予算診断サービスを受けて頂き、ご希望のお客様については住宅購入のための実行支援を行っています。

 

なお、実行支援につきましては、他のお客様のサポート状況等によりお受けできない可能性もありますので、詳細は面談時にお問い合わせください。

 

【お客様専用のチャットルームでフォロー】

お客様専用のチャットルームでフォロー

お客様ごとに専用のチャットルームをご用意しています。チャットルームの中で、住宅購入予算診断書や住宅ローンの試算などを閲覧でき、住宅購入時の不安や疑問にもお答えします。

 

【住宅会社・不動産会社へ同行】

住宅会社・不動産会社へ同行

初めてマイホームを購入する方は、住宅会社や不動産会社へ「何を聞いたらよいのか分からない」という状況の方がほとんどです。当社が住宅会社や不動産会社へ同行した上でフォローしますので、安心して計画を進めることが可能です。


【住宅ローンのアドバイス】

住宅ローンのアドバイス

「住宅購入予算診断書」より、お客様に適した金利区分(変動or固定)をアドバイスします。その上で、主要な銀行の住宅ローンを比較し、お客様に適した住宅ローンの借り方をご説明します。

 

【住宅ローン控除のアドバイス】

住宅ローン控除のアドバイス

最近ではご夫婦で住宅ローンを組むご家庭も増えています。その場合、夫婦の借入割合により、住宅ローン控除での税金の還付額も変わってきますので、事前の打ち合わせが重要になります。


【銀行へ同行の上フォロー】

銀行へ同行の上フォロー

初めてマイホームを購入する方は、ベストな住宅ローンの返済方法を決めても、その内容を正確に銀行へ伝えることが難しいことが考えられます。そこで、必要に応じて銀行へ同行させて頂き、適宜フォロー致します。

 

【再シミュレーション】

再シミュレーション

マイホームの計画が進んで行きますと、建築代金や追加オプションなど、お見積もり金額がより具体的になっていきます。具体的な総予算や住宅ローンで再シミュレーションを行うことで、より実態に近いライフプランを確認できます。


住宅購入予算診断

 サービスの流れ 

 

ステップ1:お申し込み

お問い合わせフォームよりお申込みください。担当FPより折り返しご連絡させていただきます。

 

※カウンセリング当日までに、年収や住宅取得に関わる情報などをご準備いただきます。

 

ステップ2:ヒアリングの実施(約60分~90分)

診断に当たり、まずはあなたのご家庭の状況を把握するためにヒアリングを行いますので、ご夫婦揃って面談いたします。

 

ここでは・・・

 

・現在の職業とこれからの夢や希望

・家族構成、今後のお子様の教育方針

・生活費以外に使いたいお金の希望

・現在の家賃

・家計の収入と支出の状況

 

などをヒアリングさせて頂きます。

ヒアリングの実施

こういったお金の事を把握するのは、マイホーム予算を考える上では非常に大事なポイントです。

 

現状をしっかりとヒアリングすることで、適正なマイホーム購入予算を算出する事ができます。

 

ステップ3:「住宅購入予算診断書」の作成・ご説明

ステップ2でヒアリングした内容を元に、住宅購入予算の診断書をお作りします。

 

ここでお伝えするのは、マイホーム購入相談の専門家の視点から算出した金額です。中立的かつ、客観的に診断します。

 

診断書の作成は、通常ヒアリングの実施から2週間ほどお時間を頂きます。

 

診断書作成後、再度面談の上、「住宅購入予算診断書」のご説明をします。

 

住宅購入予算診断書の作成・ご説明

ステップ4:住宅購入 実行支援

住宅購入予算診断サービスを受けて頂き、ご希望のお客様については住宅購入のための実行支援を行っています。

 

なお、実行支援につきましては、他のお客様のサポート状況等によりお受けできない可能性もありますので、詳細は面談時にお問い合わせください。

 

サービス内容と

料金について

 

少し考えて見てください。あなたがこの『住宅購入予算診断サービス』から得る事ができる価値はどれくらいでしょうか?

 

先程もお伝えした通り、マイホーム購入は人生で一番大きな買い物です。

 

少しでも選択を間違えると、数十万円単位で家計の状況を悪化させます。

 

しかし、この『住宅購入予算診断サービス』を活用する事により、そういった失敗を未然に防ぎ、マイホームの購入を行う事ができます。

 

また、住宅ローンを借りる際に、ローン金額の2%前後を「事務手数料」名目で請求してくる銀行もあります。

 

5,000万円の借入金額であれば、1,000,000円ものお金を支払う事になります。

 

ただしこれはあくまでも銀行は自社のローンを借りてもらうために、事務手続きを行う為の報酬であり、あなたの立場でのアドバイスは期待できません。

 

あなたの立場でアドバイスを行う当社の『住宅購入予算診断サービス』の料金は、15,000円(税込)になります。

 

この料金で、2回の面談を受ける事が可能です。こちらのサービスに対して追加料金は一切かかりません。

 

料金:15,000円(税込)※面談2回分+不安解消アドバイスの料金です。

 

安心保証

万が一、『住宅購入予算診断サービス』を利用された上で「思っていたのと違っていた」「依頼したメリットを感じなかった」と言う事でしたら、5日以内にメール等でご連絡をください。

 

10営業日以内に速やかに返金の手続きをさせていただきます。

 

つまり、あなたに金銭的なリスクはありません。


なぜこのような返金保証を付けているのかというと、「あなたに気軽に相談して欲しい」からです。

 

マイホーム購入の予算を、マイホームの購入が初めての方が計算するには、おのずと限界があります。

 

しかし、この診断サービスを利用すれば、あなたが購入しても問題の無いマイホーム購入予算を専門家に相談する事ができます。

 

私はより多くの方が、マイホーム購入後もお金の面で苦労することの無い人生を送って欲しいと思っています。なので、少しでも利用しやすくするために100%の返金保証をつけています。

 

どのタイミングで相談すればいい?

 

この『住宅購入予算診断サービス』ですが、『マイホームを購入したくなったら』が一番良いです。

 

なぜなら、マイホーム購入において一番最初に行う事は『自分にとっての適切な予算』を知る

ことです。

 

雑誌やインターネットなどに掲載されている他の誰かの予算を参考にするのではなく、あなたの家庭の予算を知るべきなのです。

 

適切な予算な把握できていれば、お金の面で余計な心配や悩みを抱えずに住宅購入を楽しむ事ができます。

 

相談室のご案内になります

 

住まいのお金FP相談室

ファイナンシャルプランナー 真崎 喜雄

 

会計事務所のFP部門立ち上げに携わった後、『特定の会社のしがらみにとらわれる事なく、真にお客様の側に立った、お客様のためのアドバイスをして喜ばれたい』という想いで運営。

 

自身のマイホームでも、購入時、借り換えで、計5回の住宅ローン審査をパスした経験を持ち、住宅購入相談を専門とするファイナンシャルプランナーとして千葉県・茨城県でこれからマイホームを購入する方の相談を行っている。

 

また自身のマイホーム建築の際には、依頼する建築会社を決めるため、30社以上の会社を訪問し、住宅構造についても勉強した結果、下手な営業マンよりも構造について詳しくなり、信頼のおける建築会社選びも相談に乗っている。

 

住宅構造に関する知識はもちろん、住宅ローンや保険、自宅の相続など、『住まいのお金』に精通しており、相談をした方からは「相談料以上の価値があった」と喜びの声が多く寄せられる。

 

【保有資格】

CFP 宅地建物取引士 証券外務員 日本商工会議所簿記検定1級 簿記論・財務諸表論 

(税理士試験科目)

相談可能な店舗のご案内

【松戸市 FP相談室】

松戸市FP

JR常磐線・千代田線・新京成線 松戸駅 東口より徒歩1分。

松戸市 FP相談室はコチラ

【柏市 FP相談室】

柏市FP

つくばエクスプレス  柏の葉キャンパス駅  西口より徒歩1分

柏市 FP相談室はコチラ


【つくば市 FP相談室】

つくば市FP

つくばエクスプレス  つくば駅より徒歩15分。

お客様専用駐車場完備

つくば市 FP相談室はコチラ

【オンライン相談対応中!】

ファイナンシャルプランナー|オンライン相談

ご自宅から住宅相談専門のファイナンシャルプランナーにご相談頂けるよう、オンライン相談を行っています。詳しくはコチラ


よくある質問

 

 

どんな方が相談していますか?

 

 

相談に見えるのは、マイホームを購入しようか迷っている、普通の会社員の方が多いです。

 

資産家の方が多いという訳ではなく、世帯年収500万円~900万円の普通の会社員の方が多いです。

 

 

 

相談に行って上手く話せなくても大丈夫ですか?

 

 

もちろん大丈夫です。みなさんマイホーム購入は初めての経験でしょうから、「施主」など独特の表現に慣れていません。

 

できるだけ普段使用されている言葉で説明するようにしていますのでご安心ください。

 

 

 

相談場所はどこで行いますか?

 

 

お住いの近くの相談室にてご相談可能です。面談スペースはプライバシーが守られた個室になりますので、安心してご相談いただけます。

 

もしご自宅まで出張をご希望される場合には、交通費の実費を頂戴しております。

 

お問い合わせを頂く際に、ご自宅の住所を教えて頂ければ、交通費の金額を事前にお伝えいたします。

 

 

 

相談は土日でも可能ですか?

 

 

はい、事前にご予約いただければ、土日祝日でもご相談可能です。 

 

 

 

相談は夜でも可能ですか?

 

 

はい。事前にご予約いただければ、19時スタートまでご相談可能です。

 

 

 

すでに住宅の売買契約日が決まっていますが、本当に購入しても大丈夫なのか不安になってしまいました。どうしたらよいですか?

 

 

マイホームは高額なお買い物ですから、様々な悩みや不安が生じるのは当然のことと思います。

 

しかし、売買契約日まで決まっている状態で不安を解消する方法は1つしかありません。

 

一度立ち止まって0(ゼロ)ベースで、本当にその予算があなたにとって適正なのか?

から見つめ直してみるべきかと思います。

 

1度生じた不安は、住宅の売買契約日が近づくにつれて増していきます。

 

『住宅購入予算診断』はヒアリングから診断書の作成まで2週間ほどお時間を頂きます。

 

住宅購入の検討を始めたら、売買契約の日程を決める前にできるだけ早くご相談ください。

 

お問い合わせはコチラから
住まいのお金FP相談室とは?
住宅購入時にやってはいけない3つのこと
実際に相談されたお客様の声
住宅不動産 相続対策はこちら

住まいのお金FP相談室

【松戸市 FP相談室】

住まいのお金FP相談室 松戸店

JR常磐線・千代田線・新京成線 松戸駅 東口徒歩1分

松戸市FP相談室へはコチラ

住所:千葉県松戸市松戸1228-1

松戸ステーションビル5F

【柏市 FP相談室】

住まいのお金FP相談室 柏店

つくばエクスプレス

柏の葉キャンパス駅徒歩1分

柏市FP相談室へはコチラ

住所:千葉県柏市若柴178-4 

柏の葉キャンパス148街区2 

ショップ&オフィス棟6階

【つくば市 FP相談室】

住まいのお金FP相談室 つくば店

つくばエクスプレス

つくば駅徒歩15分

つくば市FP相談室へはコチラ

住所:茨城県つくば市二の宮

1-2-2 酒井ビル3階

担当ファイナンシャルプランナー

担当ファイナンシャルプランナー

【CFP 真崎 喜雄】

幼少の頃2DKへの公団住宅に住んでいたため、マイホームへ強い憧れを持っていました。しかし、初めての住宅購入では失敗・・・その経験から住宅購入者が失敗を未然に防ぎ、満足のいく家づくりのお手伝いをしています。 

メディア掲載実績

全国のFPが会員登録している日本FP協会様より、実務家FPとして取材を受けました。

FP協会より取材①
FP協会より取材②

茨城県取手市・守谷市・つくばみらい市エリア発行のフリーペーパー「シンヴィング」様より住宅購入相談FPとして取材を受けました。(クリックで拡大します)

シンヴィング取材記事

千葉土建の会員である工務店さん向けに「工務店が知っておくべき資金計画」の研修講師を行いました。

セミナー風景①
セミナー風景②

千葉県東葛飾エリア発行のニューファミリー新聞社様にて、著書「生命保険見直し成功マニュアル」が紹介されました。

ニューファミリー新聞社取材記事①
ニューファミリー新聞社取材記事②

住まいのお金FP相談室

モバイルサイト

プライバシーポリシー | サイトマップ
住宅購入相談のファイナンシャルプランナー(FP)が、将来に渡って住宅ローンの返済に困ることの無い『マイホーム購入予算』を、第三者の中立的な立場でお伝えします。「住宅購入予算」「住宅ローン」「資金計画」など、住宅購入時のお金の悩みは「住まいのお金FP相談室」へご相談ください。柏・松戸・流山・船橋・習志野・取手・守谷・つくばのお客様のご相談に多く対応しております。