お金が貯まる家計管理とは?

住宅購入相談を行う際に、現在の預金残高をお聞きすることがあるのですが、貯金が貯まっていないご夫婦には、ある共通の傾向があります。

 

それは家計が“別管理”されているということです。

 

夫婦それぞれのお給料を別々の口座で管理し、

日常生活費や教育費など必要なお金を決めた割合で出していく、という家計管理をしている家庭は、貯蓄額が低い傾向にあります。

 

家計を別管理すれば、独身の友人達と今までと

同じ感覚でプライベートな時間を楽しむ事ができるのはメリットかも知れません。

 

しかし、日常生活費などを出した残りは、どうしても“自由に使えるお金”という認識が夫婦それぞれにあります。

 

相手の預金残高がいくらか?も、お互いになんとなく聞きませんので、夫婦全体の預金残高も把握していないことが多いです。

 

イザ住宅購入の計画を始めたときに相手の預金残高を聞いて、お互いに「何て少ないの!」と愕然とするようです。

 

ではお金が貯まりやすい夫婦に共通している家計管理とは、どのような方法でしょうか?

それは、夫婦それぞれのお給料を、1つの口座にまとめて管理する方法です。

 

これは1つの口座に入れた預金残高の中から、日常生活費やそれぞれのお小遣いなど、必要なお金を

出していきます。

 

この方法であれば、夫婦のお金の流れの透明性が高まり、現在の預金残高も管理し易いです。

 

夫婦共有の預金という認識になりますから、“勝手に使えない”という心理状態にもなり、しっかりとお金を貯めていく事ができるようです。

 

更に、預金残高の目標額を決め、それを超えた分は家族で楽しむお金に使う、などとすれば共通の目標ができて、夫婦が協力してお金を貯める事ができるでしょう。

 



なたはいくらまでのマイホームを購入しても、

将来の「教育資金」や「老後資金」も問題なく準備ができるかご存知ですか?

 

あなたが買っても大丈夫な「マイホーム購入予算」を中立的な第三者の立場から診断します。

 

詳細はこちら

                            【相談対応可能地域】

■千葉県

松戸市・柏市・白井市・流山市・我孫子市・

鎌ヶ谷市・野田市・その他千葉県

 

■茨城県

取手市・守谷市・常総市・つくばみらい市・

つくば市・牛久市・龍ヶ崎市・利根町      その他茨城県

お問い合わせはこちら

500万円節約できる!?

住宅購入で失敗しないためのルール

担当ファイナンシャルプランナー

【CFP 真崎 喜雄】

幼少の頃2DKへの公団住宅に住んでいたため、マイホームへ強い憧れを持っていました。しかし、初めての住宅購入では失敗・・・その経験から住宅購入者が失敗を未然に防ぎ、満足のいく家づくりのお手伝いをしています。   家づくりへの想いはコチラ

メディア掲載実績

全国のFPが会員登録している日本FP協会様より、実務家FPとして取材を受けました。

茨城県取手市・守谷市・つくばみらい市エリア発行のフリーペーパー「シンヴィング」様より住宅購入相談FPとして取材を受けました。

(クリックで拡大します)

千葉土建の会員である工務店さん向けに「工務店が知っておくべき資金計画」の研修講師を行いました。

千葉県東葛飾エリア発行のニューファミリー新聞社様にて、著書「生命保険見直し成功マニュアル」が紹介されました。

住まいのお金FP相談室

モバイルサイト

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
住宅購入相談専門のファイナンシャルプランナー(FP)が、将来に渡って住宅ローンの返済に困ることの無い『マイホーム購入予算』を、第三者の中立的な立場でお伝えします。「住宅購入予算」「住宅ローン」「資金計画」など、住宅購入時のお金の悩みはご相談ください。相談対応可能地域 松戸市,柏市,白井市,流山市,我孫子市,鎌ヶ谷市,野田市,取手市,守谷市,常総市,つくばみらい市,つくば市,牛久市,龍ヶ崎市,利根町