住宅の耐震性を高める方法とは?

地震に強い住宅にするには、地盤の強さとは別に、建物自体を地震の揺れに強くする方法があります。

 

最近では地震に強い事を売りにする工務店も増えていますが、ひとくちに地震に強くすると言っても、様々な工法があります。

 

耐震

柱や梁を太くしたり、筋交いを太くすることや耐力壁と言われる面材を入れたり、木材の接合部を金具で強固にすることで、建物自体を地震の揺れに強くする方法です。

 

しかし、地震の揺れ自体は建物に伝わりますので、大きい地震では建物の損傷が生じる可能性もあります。

 

 

免震

建物と基礎の間に、バネやベアリングの免震装置を組み込み、地震の揺れを建物に伝わらないようにする仕組みです。

揺れが建物に伝わらないので、建物の被害を最小限にすることができる半面、コストが高く、工期が長いというデメリットがあります。

 

 

制震

柱や梁の中にバンパーと言われる装置を入れ、このダンパーで地震の揺れを吸収する仕組みです。

地震の揺れはダンパーに集中する為、建物の被害を最小限に抑えられ、施工も比較的簡単というメリットもあります。

 

 

東日本大震災以降、住宅の耐震性を気にする方も非常に増えています。

それぞれに、メリット・デメリットがありますので、工務店の担当者へ納得いくまで質問してみましょう。

 


 

なたはいくらまでのマイホームを購入しても、

将来の「教育資金」や「老後資金」も問題なく準備ができるかご存知ですか?

 

あなたが買っても大丈夫な「マイホーム購入予算」を中立的な第三者の立場から診断します。

 

詳細はこちら

           【相談対応可能地域】

■千葉県

松戸市・柏市・白井市・流山市・我孫子市・

鎌ヶ谷市・野田市・その他千葉県

 

■茨城県

取手市・守谷市・常総市・つくばみらい市・

つくば市・牛久市・龍ヶ崎市・利根町      その他茨城県

お問い合わせはこちら

500万円節約できる!?

住宅購入で失敗しないためのルール

担当ファイナンシャルプランナー

【CFP 真崎 喜雄】

幼少の頃2DKへの公団住宅に住んでいたため、マイホームへ強い憧れを持っていました。しかし、初めての住宅購入では失敗・・・その経験から住宅購入者が失敗を未然に防ぎ、満足のいく家づくりのお手伝いをしています。   家づくりへの想いはコチラ

メディア掲載実績

全国のFPが会員登録している日本FP協会様より、実務家FPとして取材を受けました。

茨城県取手市・守谷市・つくばみらい市エリア発行のフリーペーパー「シンヴィング」様より住宅購入相談FPとして取材を受けました。

(クリックで拡大します)

千葉土建の会員である工務店さん向けに「工務店が知っておくべき資金計画」の研修講師を行いました。

千葉県東葛飾エリア発行のニューファミリー新聞社様にて、著書「生命保険見直し成功マニュアル」が紹介されました。

住まいのお金FP相談室

モバイルサイト

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
住宅購入相談専門のファイナンシャルプランナー(FP)が、将来に渡って住宅ローンの返済に困ることの無い『マイホーム購入予算』を、第三者の中立的な立場でお伝えします。「住宅購入予算」「住宅ローン」「資金計画」など、住宅購入時のお金の悩みはご相談ください。相談対応可能地域 松戸市,柏市,白井市,流山市,我孫子市,鎌ヶ谷市,野田市,取手市,守谷市,常総市,つくばみらい市,つくば市,牛久市,龍ヶ崎市,利根町