住宅瑕疵担保責任保険とは?

マイホームの完成引後、雨漏りや住宅の傾きが発生した場合に、その補修費用の負担が問題となることがあります。

 

マイホームを購入した方は、法律により完成後10年間は「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」に欠陥が発見されれば、建築した工務店に無料で補修をしてもらう事ができます。

 

工務店側も、そういった補修が必要な事態に備えて加入しているのが「住宅瑕疵担保責任保険」という保険制度です。

 【造耐力上主要な部分とは?】

 

・基礎   ・土台   ・柱   ・床板   ・壁   ・梁   ・筋交い   ・屋根板   ・小屋組み

この保険制度により、マイホームに欠陥が見つかった場合には、住宅購入者も工務店も補修にかかる費用負担を気にすることなく、迅速に補修を行うことが可能です。

 

また、欠陥が見つかった時に建築した工務店が倒産していた場合でも、保険金は住宅購入者が直接受け取れる仕組みですので、その点も安心です。

 

こちらの保険制度を活用する為には、一定の基準を満たした住宅にする必要があり、工事中に建築士の資格を持つ専門の検査員が現場検査を行います。

 

第三者のチェックが入る分、施工ミスや手抜き工事を防止することにも役立ちます。

 

マイホームの完成引き渡しを受ける際には、住宅の保証制度についてもよく説明を受けておくようにしましょう。

 

 

 

なたはいくらまでのマイホームを購入しても、

将来の「教育資金」や「老後資金」も問題なく準備ができるかご存知ですか?

 

あなたが買っても大丈夫な「マイホーム購入予算」を中立的な第三者の立場から診断します。

 

詳細はこちら

 

               【相談対応可能地域】

■千葉県

松戸市・柏市・白井市・流山市・我孫子市・

鎌ヶ谷市・野田市・その他千葉県

 

■茨城県

取手市・守谷市・常総市・つくばみらい市・

つくば市・牛久市・龍ヶ崎市・利根町      その他茨城県

お問い合わせはこちら

500万円節約できる!?

住宅購入で失敗しないためのルール

担当ファイナンシャルプランナー

【CFP 真崎 喜雄】

幼少の頃2DKへの公団住宅に住んでいたため、マイホームへ強い憧れを持っていました。しかし、初めての住宅購入では失敗・・・その経験から住宅購入者が失敗を未然に防ぎ、満足のいく家づくりのお手伝いをしています。   家づくりへの想いはコチラ

メディア掲載実績

全国のFPが会員登録している日本FP協会様より、実務家FPとして取材を受けました。

茨城県取手市・守谷市・つくばみらい市エリア発行のフリーペーパー「シンヴィング」様より住宅購入相談FPとして取材を受けました。

(クリックで拡大します)

千葉土建の会員である工務店さん向けに「工務店が知っておくべき資金計画」の研修講師を行いました。

千葉県東葛飾エリア発行のニューファミリー新聞社様にて、著書「生命保険見直し成功マニュアル」が紹介されました。

住まいのお金FP相談室

モバイルサイト

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
住宅購入相談専門のファイナンシャルプランナー(FP)が、将来に渡って住宅ローンの返済に困ることの無い『マイホーム購入予算』を、第三者の中立的な立場でお伝えします。「住宅購入予算」「住宅ローン」「資金計画」など、住宅購入時のお金の悩みはご相談ください。相談対応可能地域 松戸市,柏市,白井市,流山市,我孫子市,鎌ヶ谷市,野田市,取手市,守谷市,常総市,つくばみらい市,つくば市,牛久市,龍ヶ崎市,利根町