太陽光発電で停電のリスクを回避する方法とは?|住まいのお金FP相談室

太陽光発電で停電のリスクを回避する方法とは?|住まいのお金FP相談室

最近は地震や台風など自然災害が多く、それらの被害により停電が発生することがあります。

 

災害時の情報は重要ですから、電気が使えないとテレビや携帯電話が使えなくなり、今後の避難ルートの確認にも支障が生じます。

 

また、電気ポット、炊飯器や電子レンジが利用できれば、最低限の食事は取ることが可能です。

 

ライフラインの中で、電気は比較的早く復旧すると言われていますが、それでも生活を守るためには、停電への備えは行っておきたいものです。

 

■太陽光発電で停電時の電気を確保

一昔前は「災害は忘れたころにやってくる」と言われたものですが、ここ最近は毎年のようにどこかの地域で災害が発生し、停電のリスクが高まっています。

 

太陽光発電を搭載した住宅へお住いの方は、

 

「我が家は太陽光発電があるから、停電になっても太陽が出ていれば電気が使えて安心!」

 

と思っている方もいます。

 

確かに、停電時にも太陽が出ていればソーラーパネルは発電しています。

 

しかし、ソーラーパネルで発電した電気を室内で使えるようにするためにはパワーコンディショナーという装置が動いている必要があり、停電時にはこのパワーコンディショナーが作動しなくなってしまいます。

 

パワーコンディショナーとは、ソーラーパネルで発電した電気を家庭で使えるように変換してくれる装置のことです。

 

普段、家庭では「交流電力」を使用して電気製品を利用しています。

 

しかし、太陽光発電の電気は「直流電力」なので、そのままでは発電した電気を家庭で使えません。

 

そこで、直流電力から交流電力へ変換する作業をパワーコンディショナーで行っています。

 

そして、停電時にはこのパワーコンディショナーが停止してしまいますので、太陽光発電が発電していても、発電した電気を家庭では利用できなくなってしまいます。

 

ですから、“そのままでは”太陽光発電が搭載されている住宅であっても、停電時には電気の利用ができません。

 

「え~せっかく太陽光発電を導入したのに・・・」

 

と思われる方もご安心ください。

 

多くの太陽光発電には、停電時にも最低限の電気が使えるように自立運転(非常用)コンセントが付いています。

 

この自立運転(非常用)コンセントを利用することで、停電したときでも電気製品が使用可能になり、停電時に電気が利用できなくなるリスクへのカバーができています。

 

■自立運転(非常用)コンセントで使える電気製品は?

自立運転モードに入ると、太陽光で発電した電気は自立運転用コンセントに供給されます。

 

ここにテレビや携帯電話の充電器など、使いたい電気製品を接続して使います。

 

しかし、この自立運転(非常用)コンセントは、消費電力の上限があり、1500ワットまでとなっています。

 

消費電力とは、電気製品を動かすのに必要な電気のパワーです。

 

通常、家庭で使っている電気製品には消費電力の表示があり、製品の目立たない場所に「○○○ W」とシールが貼ってあるか、刻印されています。

 

この消費電力「○○○ W」の表示を確認することで、利用したい電気製品がどれくらいの電力で利用できるのか?が分かるようになっています。

 

■災害が起こる前に確認するべきこととは?

日常生活を送る上では、この自立運転(非常用)コンセントを使うことはありませんから、その存在を気にする方は少ないと思います。

 

ですので、イザ停電となった際に自立運転(非常用)コンセントの利用方法が分からない、ということも考えられます。

 

マイホームの引き渡し時には、住宅会社から設備の利用方法の説明を受けますので、その際には自立運転(非常用)コンセントの場所や操作方法も確認をしておきましょう。

 

住宅購入はじめの一歩無料相談|住まいのお金FP相談室

マイホームの“買いかた”についてあらゆる「疑問」「不安」にお答えします!

 

「住宅購入はじめの一歩 無料相談」は、マイホーム購入後に「住宅ローン破綻」を引き起こすことなく、ご家族が幸せに生活するための方法について、住宅購入相談専門のファイナンシャルプランナーからアドバイスを受けられるサービスです。

詳しくはこちら

住宅購入はじめの一歩無料相談|住まいのお金FP相談室

住宅購入予算診断|住まいのお金FP相談室

いくらまでならマイホームにお金を使っても「教育資金」や「老後資金」を問題なく準備ができるご存知ですか?

 

あなたが買っても大丈夫な「マイホーム購入予算」を住宅相談専門のファイナンシャルプランナーが診断します。

 

初めてマイホームを購入する方のファイナンシャルプランナーによる住宅購入予算診断

詳しくはこちら

ファイナンシャルプランナー|住宅購入予算診断

建て替えやリフォームを検討中の方のファイナンシャルプランナーによる予算診断

詳しくはこちら

ファイナンシャルプランナー|おうちの建て替え・リフォーム予算診断

お問い合わせはコチラから

“住宅購入のルール”が分かる無料メール講座

無料メール講座
住まいのお金FP相談室とは?
実際に相談されたお客様の声

住宅相談以外のFPメニュー

住宅購入後の

家計の見直し相談

住宅購入後の家計の見直し相談|住まいのお金FP相談室

住宅資産の相続相談

住宅資産相続相談の窓口|住まいのお金FP相談室

住まいのお金FP相談室

相談可能な店舗のご案内|住まいのお金FP相談室

【松戸店】

松戸店|住まいのお金FP相談室

JR常磐線・千代田線・新京成線 松戸駅 東口徒歩1分

松戸店はコチラ

【柏店】

柏店|住まいのお金FP相談室

つくばエクスプレス

柏の葉キャンパス駅徒歩1分

柏店はコチラ

【つくば店】

つくば店|住まいのお金FP相談室

つくばエクスプレス

つくば駅徒歩15分

つくば店はコチラ

【北千住駅出張FP相談室】

北千住駅FP|住まいのお金FP相談室

JR常磐線・千代田線・日比谷線・東武スカイツリーライン・つくばエクスプレス 北千住駅 東口より徒歩2分の駅前会議室

担当ファイナンシャルプランナー

担当ファイナンシャルプランナー

【CFP 真崎 喜雄】

幼少の頃2DKの公団住宅に住んでいたため、マイホームへ強い憧れを持っていました。しかし、初めての住宅購入では失敗・・・その経験から住宅購入者が失敗を未然に防ぎ、満足のいく家づくりのお手伝いをしています。 

メディア掲載実績

全国のFPが会員登録している日本FP協会様より、実務家FPとして取材を受けました。

FP協会より取材①
FP協会より取材②

茨城県取手市・守谷市・つくばみらい市エリア発行のフリーペーパー「シンヴィング」様より住宅購入相談FPとして取材を受けました。(クリックで拡大します)

シンヴィング取材記事

千葉土建の会員である工務店さん向けに「工務店が知っておくべき資金計画」の研修講師を行いました。

セミナー風景①
セミナー風景②

千葉県東葛飾エリア発行のニューファミリー新聞社様にて、著書「生命保険見直し成功マニュアル」が紹介されました。

ニューファミリー新聞社取材記事①
ニューファミリー新聞社取材記事②
友だち追加
プライバシーポリシー | サイトマップ
住宅購入|住宅ローン|適正予算診断|相続相談|家計相談|ファイナンシャルプランナー|松戸市|柏市|流山市|我孫子市|野田市|取手市|守谷市|つくばみらい市|つくば市