欠陥住宅を防ぐ住宅購入の方法とは?

最近は建築に関する法律も厳しくなっており、極端に品質の悪い住宅を販売する会社も減りましたが、それでも購入する方からすると完成するまで不安もあると思います。

 

そこで、住宅購入で欠陥住宅になることを予防するための方法をお伝えします。

 

住宅の内覧会で「フラット35利用可能!」などと、のぼりが立っている物件を目にしたことは無いでしょうか?

 

フラット35とは住宅金融支援機構が提供する

全期間固定金利の住宅ローンです。

 

将来金利が上昇しても、借入時の金利がずっと続きますのでライフプランが立て易く、根強い人気のある住宅ローンです。

 

そのフラット35は、住宅建築に対して独自の技術基準を定めています。

そして、その技術基準に適合しないとフラット35の住宅ローンは使えません。

 

しかし、図面上ではフラット35の技術基準に適合していても、実際の現場でその通り建築してくれなければ意味がありません。

 

そこで、フラット35は第三者の検査機関が、設計書のチェックのみならず、建築途中で現場に入って検査をしてくれます。

 

住宅金融支援機構のホームページにも下記のように記載があります。

 

■設計検査

住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることを、設計図書等により確認します。

 

■中間現場検査

工事途中の段階で、住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることを、現地において目視できる範囲で確認します。

 

■竣工現場検査

工事が完了した段階で、住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることを、現地において目視できる範囲で確認します。

 

設計段階と建築途中で第三者機関が検査に入る分、住宅の品質も確保されやすいといえます。

 

特に建売住宅では完成済みの住宅を購入しますので、多くの場合建築途中の現場を見ることができません。

 

そのような時には「目視できる範囲」とはいえ、第三者機関が検査をしてくれている「フラット35利用可能」な住宅の方が、より安心して購入できるといえるでしょう。 

 

 

なたはいくらまでのマイホームを購入しても、

将来の「教育資金」や「老後資金」も問題なく準備ができるかご存知ですか?

 

あなたが買っても大丈夫な「マイホーム購入予算」を中立的な第三者の立場から診断します。

 

詳細はこちら

 

               【相談対応可能地域】

■千葉県

松戸市・柏市・白井市・流山市・我孫子市・

鎌ヶ谷市・野田市・その他千葉県

 

■茨城県

取手市・守谷市・常総市・つくばみらい市・

つくば市・牛久市・龍ヶ崎市・利根町      その他茨城県

お問い合わせはこちら

500万円節約できる!?

住宅購入で失敗しないためのルール

担当ファイナンシャルプランナー

【CFP 真崎 喜雄】

幼少の頃2DKへの公団住宅に住んでいたため、マイホームへ強い憧れを持っていました。しかし、初めての住宅購入では失敗・・・その経験から住宅購入者が失敗を未然に防ぎ、満足のいく家づくりのお手伝いをしています。   家づくりへの想いはコチラ

メディア掲載実績

全国のFPが会員登録している日本FP協会様より、実務家FPとして取材を受けました。

茨城県取手市・守谷市・つくばみらい市エリア発行のフリーペーパー「シンヴィング」様より住宅購入相談FPとして取材を受けました。

(クリックで拡大します)

千葉土建の会員である工務店さん向けに「工務店が知っておくべき資金計画」の研修講師を行いました。

千葉県東葛飾エリア発行のニューファミリー新聞社様にて、著書「生命保険見直し成功マニュアル」が紹介されました。

住まいのお金FP相談室

モバイルサイト

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
住宅購入相談専門のファイナンシャルプランナー(FP)が、将来に渡って住宅ローンの返済に困ることの無い『マイホーム購入予算』を、第三者の中立的な立場でお伝えします。「住宅購入予算」「住宅ローン」「資金計画」など、住宅購入時のお金の悩みはご相談ください。相談対応可能地域 松戸市,柏市,白井市,流山市,我孫子市,鎌ヶ谷市,野田市,取手市,守谷市,常総市,つくばみらい市,つくば市,牛久市,龍ヶ崎市,利根町